コラム

SAPジャパン社 SAP Business Oneプログラムディレクターに聞く

SAP Business Oneソリューションセンター、またBusiness Oneソリューションサイトのオープンにあたって、SAPジャパン株式会社でSAP Business Oneのプログラムディレクターを担当されている吹田 順一郎様にインタビューさせて頂きました。

SAPジャパン社 SAP Business Oneプログラムディレクターに聞く

column_interview1.jpg

SAP Business Oneソリューションセンター、またBusiness Oneソリューションサイトのオープンにあたって、SAPジャパン株式会社でSAP Business Oneのプログラムディレクターを担当されている吹田 順一郎様にインタビューさせて頂きました。

この度Business Oneソリューションサイトのオープンとなりましたが、SAP ジャパン社のSAP Business One プログラムディレクターのお立場からBusiness Oneソリューションサイトにはどのような期待を持たれていますか?

-SAP吹田様

御社のBusiness Oneソリューションサイトには、SAPジャパンが発信する情報とは違う意義があると考えており、よりお客様に近く、お客様目線を持つパートナー様が自ら立ち上げられたことに大きな意義があると思います。 一般的にお客様の立場からすると、自分たちの抱えている課題を知っているパートナー様が立ち上げたサイトというのは、より信頼性があり、親近感が湧くのではないでしょうか。

SAPジャパン株式会社
SAP Business Oneプログラムディレクター
吹田 順一郎様

最近ではこういった企業が提供する製品に限らず何かを購入する際に、その公式サイトだけでなく、その評価や口コミといったサイトを購入予備軍のお客様方が情報収集目的にサイト訪問されることが当たり前になってきていますので、SAPの公式サイトとは違う意義があり、お客様には、気軽に御社のBusiness Oneソリューションサイトを見て頂きたいと考えています。
今後の展開という意味では、SAPだけでなく御社の幅広いネットワークで新たなマーケットを築いていくことや、今回のサイト立ち上げに刺激を受けた他のパートナー様とのコラボレーションにも大いに期待しています。


-ソルパック担当者
SAP Business Oneの他のパートナー様にもこのソリューションサイトに見て頂きたいと考えており、他のパートナー様の情報(セミナー情報や導入サービスなど)もこのソリューションサイトに掲載していければとも考えております。そして将来的には、SAP Business Oneの情報を知るにはこのBusiness Oneソリューションサイトを見て頂き、そこで、サービス一覧や各々のパートナーソリューションといった情報も掲載した総合的なBusiness Oneのソリューションサイトを目指していきたいと考えています。


-SAP吹田様
パートナー様がこのBusiness Oneソリューションサイトを見て、新たにサイトを立ち上げられるのもよいでしょうし、ソルパック様とのコラボレーションをして横展開で一致団結しで新たにマーケットを広げてくのもよいでしょう。そういう意味ではこのBusiness Oneソリューションサイトが先陣を切っていく形になるのではと大いに期待しています。
将来的にはパートナー様やお客様が参加する双方向のコミュニケーションが出来る場を目指していく意義は大きいと思います。今後の展開としてはパートナー様ならではのコンテンツの拡充を期待しています。例えばお客様の導入事例で考えてみると、生の声を聞かれているパートナー様だからこそ掲載可能なコンテンツがあるのではないでしょうか。お客様もそういうコンテンツを求めていると思います。サイトの企画、コンテンツはパートナー様が主導で行っていきますが、SAPジャパン社としても全面的にバックアップを含めてサポートさせて頂きたいと考えています。


-ソルパック担当者
パートナーならではのコンテンツを今後も増やしていく予定です。

では次に、現在SAP Business One8.82までリリースされておりますが、今後のSAP Business Oneの展開を教えて下さい。

-SAP吹田様
クラウド対応に関しましては、パートナー様やパートナー様を通じてお客様からもお問合せを受けています。
標準的なモデルのなどの検討はグローバルレベルで始まっており、 日本でも今年の春からクラウド対応に向けて検討が始まり、現在新規サービス立上げに向けて、価格や契約モデル等の社内準備を進めている段階で、近々の内にパートナー様へのコンタクトを開始していくことを予定しています。
また、iPhone、iPadに代表されるMobileへの対応も既に進められていますので、今後はさらに世の中の動きに対応していけるERPに育てていきたいと考えており、バージョン的にはSAP Business One9.0シリーズは来年にリリース予定で、SAP Business Oneは既に2014年までの開発計画が決まっています。


-ソルパック担当者
わかりました。ありがとうございます。

SAP Business Oneの需要は中堅中小企業市場にあると考えておりますが、このエリアに対しどのような戦略を考えているのでしょうか。

-SAP吹田様
戦略としては中堅以上のグローバル展開、関係会社展開にあたり、SAP ERPと組み合わせたハイブリット型としてのご提供や、グローバル対応ができている強みを押し出していきたいと考えています。
SAP Business Oneは、既に全世界で250社以上の大企業の1,500社以上の子会社様に導入されている実績を持ち、決して中堅中小企業様だけでなく大企業様のグループ会社様のグローバル展開への一つの大きなソリューションとして使って頂くことが可能です。SAP Business Oneは、現在世界で約35,000社に導入されており、各国の税制や商習慣等が予め設定されたローカライゼーション対応国も40カ国、対応表示言語も26言語に対応しています。コスト削減をしつつ、しっかりした統合性のあるグローバル対応もできるERPを使いたいというというお客様に向いたソリューションと考えています。

ただ勿論メインターゲットは中堅中小企業様になると思います。SAP Business Oneを一言で表現すると、「ビジネスをEnd to Endに統合し成長を目指す中堅・中小企業様向けの手頃な価格で提供される真に完結・統合されたワールドクラスのERPソリューション」と言えると考えています。ここで言う完結とは財務会計やCRM、オペレーション、販売管理、マーケティング、サービス、在庫管理など全てが、すぐ使用できる状況で提供されていて、いわゆる顧客企業のビジネス状況を隅々まで可視化して、ビジネスの状況を管理できることを言います。

また直近の戦略としては2012年には、On Demandと HANA(アナリティクス)のサービス開始とCrystalソリューションズとのインテグレーションでレポーティングの標準化、ダッシュボードなどの運用を含む統合環境のソリューション戦略も合わせた3点に注力していきます。

それから今年のSAPジャパンの営業体制として、SAP Business Oneをパートナー様と連携して販売する組織としてチャネル営業本部が機能しているのも一つの前進と考えています。日本のSAP Business OneのセリングはSAPジャパンからの直接販売ではなくインダイレクトモデル、つまりSAP Business Oneのパートナー様から販売して頂くモデルをとっており、より多くのお客様をサポートできる体制を整えています。今後SAPジャパンの内部にもさらなる波を起こして、パートナー様との協業体制を深めて行く形を作って行きたいと考えております。


-ソルパック担当者
今後ともよろしくお願いします。

次に弊社ソルパックが立ち上げたSAP Business Oneソリューションセンターへの期待はいいかがですか?

column_interview2.jpg

-SAP吹田様
開設初期は定期的なセミナーや個別のお客様のピンポイントな課題の解決、もしくはその糸口をつかめる場として機能されていくと思いますが、近い将来的にはパートナー様間の情報交換の場や、SAPやSAP Business One関係者が自由に集まる場になり、お客様、パートナー様、そしてSAPとのラウンジのような場所になることを願っています。このSAP Business Oneソリューションセンターで予定されているサービスの中でもオンラインでデモを行えるクイックリモートデモというサービスにも非常に魅力を感じています。遠方のお客様でも気軽に申し込むことができるので非常に便利だと思います。


ソルパック担当者
クイックリモートデモは是非お客様にご利用していただきたいサービスです。









SAP Business Oneソリューションセンター前にて
中谷常務(左)とSAPジャパン吹田様(右)

それでは最後にお客様へのメッセージをお願いします。

-SAP吹田様
SAP Business Oneは完結性、統合性、拡張性にすぐれたワールドクラスのERPなので他社の追随を許さない製品だと思っています。今後のお客様のグローバルビジネスを支えていく中で、大企業向けSAP ERPと連携が取れている点に関してもご利用されるメリットは計り知れないと思います。
SAP Business OneはSAPブランドを持った手頃な価格のERPですが、財務会計やCRMを始めとするすべてのビジネス機能がすぐに使用できる状態で提供されている完結性や、オープンAPI経由で他システムとの統合も可能な統合性や、SAPパートナー各社様による500以上の開発済の業種特価ソリューションでソリューションの拡張も可能な拡張性をも備えています。
また昨今の日本の経済情勢や今後の企業のあり方を考えるとグローバリゼーションは避けて通れない中、中堅・中小企業の皆様だけではなく、大企業様の関連会社グループ展開や海外子会社との連携においても是非SAP Business Oneを検討して頂きたいと考えています。そしてその実現、相談の際の入り口としてこのBusiness Oneソリューションサイトを見て頂いて、お客様、パートナー様、SAPの一体感を感じとって頂き、お客様のビジネスの成功やそれに伴う日本経済の再生・発展にお役に立てればと考えている次第です。
是非お客様には気軽に御社のサイトを見に来て頂き、SAP Business Oneソリューションセンターに立ち寄って頂ければと思います。SAP Business Oneソリューションセンターは関係者が集まるラウンジ、Business Oneソリューションサイトは情報拠点としてのハブとなられることを願っています。


-ソルパック担当者
今後ともよろしくお願いします。本日はありがとうございました。