入出金

入出金

このコンポーネントを使用して、以下のような銀行口座関連のすべての貨幣取引を実行することができます。

  • 各支払方法の入金/出金のマニュアル登録と自動登録
  • 内部照合/外部照合のマニュアル実行と自動実行
  • 先日付小切手/クレジットカード売上票および現金預金
  • 個別/一括小切手印刷

入出金モジュール

入金

小切手、クレジットカード、現金、銀行振込、手形といった銀行への入金をすべて記録するのを支援します。また、照合を簡単にするために、入金金額を未処理請求書に直接割り当てることも可能です。入金が行われると、総勘定元帳が自動的に更新されます。

小切手

小切手に関するすべてのデータを簡単に管理することができます。また、個々の小切手の裏書きや取消も可能です。クレジットカードに関するすべてのデータも簡単に管理できます。クレジットカード伝票の裏書きや取消も可能です。

預金

現金払い、クレジットカード払い、小切手預金を記録することができます。預金については、小切手すべてのリストが表示されるので、そこから預金したいものを選択します。クレジットカード払いは、クレジットカード会社との契約に応じて自動的に預金することができます。

支払

仕入先の支払金額を設定して支払を実行することができます。また、支払金額を仕入先からの未処理請求書へ割り当て、仕入先宛に小切手を自動発行することも可能です。

支払処理ウィザード

銀行への総合振込データの作成や支払小切手の一括処理を実行できるため、時間を節約することができます。請求期日、割引期日などのユーザ規定基準に従って、支払対象の仕入先や請求書を選択することができます。その後、レポート形式で閲覧できる支払データが作成されます。この支払データについては、作成時にそのまま実行することもでき、また、即時に実行せずに保存しておくこともできます。

小切手の無効化

これまでの支払転記をすべて取り消し、あらためて正しい情報を人力することができます。この機能は、支払処理中にプリンタの紙詰まりなど予想していなかったトラブルが発生し、記録されているデータと実際に小切手に印刷された情報が異なった場合などに役立ちます。

銀行取引明細書と勘定照合

SAP Business Oneは、完璧な自動勘定照合を可能にしています。総勘定元帳のあらゆる勘定を照合し、出納帳上の残高と銀行残高とを照合することができます。

照合ウィザード

このウィザードを使って、照合に要する作業時間を節約することが可能です。いったん照合パラメータを設定すれば、その設定基準に従って自動的に照合処理が提案されます。