ロジスティックス

ロジスティックス

取引先モジュール

住所、嗜好性、営業担当者、掛売条件など得意先や仕入先に関する重要な情報は、すべて取引先管理機能に入力されます。ここでは、各取引先の窓口担当者についての情報を電話番号、メールアドレスその他の重要なデータとともに必要な数だけ設定することができます。また、得意先の窓口担当者や仕入先の名称を人力 し、電子メールやSMSメッセージを送信することも可能です。得意先への販売状況レポート収支状況の詳細など関連するデータもすべて表示できます。他の機能と同様、「~で始まる」 「~を含む」 「~より大きな」といった検索条件を使って適切な項目を見つけ出すことが可能です。

取引先マスタ

引先マスタを使用して、取引先 (得意先、仕入先、およびリード) 情報の記録と検索、および各取引先アクティビティのスケジュールを行うことができます。通常、取引先の情報には以下のものが含まれています。

  • 住所や電話番号などの会社情報
  • 取引先の担当の電話番号と E メールアドレスなどの情報
  • ロジスティクス詳細
  • 税情報
  • 会計情報
  • 支払条件の詳細

マスタは、すべての販売伝票と購買伝票、および取引先に対するアクティビティの基礎となります。また、これらのデータを使用して、取引先関係を詳細に分析することもできます。

得意先・仕入先グループ

得意先・取引先は、それぞれ地域や規模といったグループに分類することが可能です。ただし、1つの取引先は1つのグループのみに割り当てることができません。分類したグループを使用して次の処理を行うことができます。

  • レポートのフォーマットおよび評価
  • データのソートおよび選択 (各地域の売上高の評価など)
  • 取引先マスタの処理時にグループを割り当てます。
  • マスタレコードの項目の 1 つが必要なプロパティをマッピングするのに不十分な場合、取引先のプロパティと個別の定義が可能なユーザ項目を使用することができます。

アクティビティ

アクティビティとは、電話、会議、タスク、またはその他のタイプの営業活動など、取引先との間で行われるインタラクションを表します。 すべてのアクティビティは、自動的にお客様のカレンダーとアクティビティレポートに記録されます。カレンダーを使用して、以下のことを実行することができます。

  • 日、週、および月の計画
  • 未処理アクティビティと完了済アクティビティの両方に関する、取引先との通信の分析
  • 取引先の販売案件とサービスコールの進捗のモニタ

販売管理モジュール

販売管理では、得意先や関係者に対する見積の登録から、請求処理、伝票ドラフトの登録、印刷までの販売プロセス全体をカバーしています。SAP Business One は、販売プロセスの各段階に対応するさまざまな販売伝票を備えています。 伝票をカスタマイズして、次のような特別な要件に対応することもできます。

  • 1 つの販売伝票での各種コンテンツの統合
  • 転記先伝票のバッチ処理の実行 (自動集計ウィザードを使用)
  • 未処理請求書について得意先に通知し、支払期日を超過した未払金の支払を促すための督促状の登録 (督促ウィザードを使用)
  • 伝票への事前定義テキストの追加 (組込みのテキストエディタを使用)
  • さまざまな販売伝票 (得意先への前払金の請求や得意先からの前払金の追跡に使用する前払金伝票など)
  • 自社の販売活動状況を把握する概要レポートや詳細レポートの生成

見積

SAP Business Oneの見積機能は、見積書や営業資料を作成する際に柔軟性を発揮します。各種の行タイプがサポートされており、前の行までの小計を出すことができます。フリーフォーマットのノートを資料の中のどこにでも挿入することができ、また推薦すべき他の代替アイテムを表示することも可能です。一度作成した汎用コメ ントについては、保存し再利用することもできます。ドキュメントごとにヘッダ、フッタを自由に設定することも可能です。売上総利益が見積ごとに算出されます。同じ得意先へ最後に提示した価格を閲覧することも簡単です。見積書が作成された後で、それをマウスでクリックしてMicrosoft Wordにエクスポートすることもできます。

受注

受注担当者が在庫不足の際に、複数の倉庫に点在するアイテムの在庫高について一覧できるようにすることで、受注処理を容易にします。受注担当者は、受注したアイテムを入荷待ちにしておくか、あるいは注文の一部を納品するのかを選ぶことができます。 1件の受注について、何種類もの配送日、配送先を記入することが可能です。自動的に、受注から購買発注書を作成し、得意先の所在地に直送することもできます。

出荷

これにより、出荷担当部門が、出荷品すべてについて必要な配送伝票を作成することが可能となります。SAP Business Oneのパッキング処理機能が、配送処理中でも異なるタイプのパッキングをアイテムに割り当てることができます。配送状況の追跡番号を保存し、配送伝票を マウスでクリックして、出荷状況の画面にアクセスすることができます。

返品

掛売でない取引での返品の処理を簡単に行うことができます。あるいは、返品伝票を用いて修理用返品を簡単に処理できます。

請求(売上)

請求書の発行処理に伴い、自動的に仕訳入力が行われます。その結果、得意先が請求額の一部をすぐに支払うと、自動的に領収書を発行することができます。

購買管理モジュール

SAP Business Oneでは、購買発注から購買請求書の処理までの購買プロセス全体を管理することができます。さらに、購買数量分析、価格設定情報、仕入先買掛金 年齢調べ表などの購買情報を分析するためのさまざまなレポートを登録できます。

購買発注

SAP Business Oneを使って、アイテムやサービスを仕入先に発注することができます。これにより発注アイテムの在庫数が更新され、納入予定日が倉庫管理責任者に伝えられます。アイテムを複数の倉庫に発送する場合などに、1枚の購買発注書を複数に分割することができます。発送ごとにさまざまな内容明細票や納品書を作成できるようにするには、購買発注書の分割または変更が必要になります。1枚の購買発注書や債務買掛伝票に記載されたアイテムを、それぞれ異なる倉庫宛に発送したり個別に発送先を指定したりすることができます。

購買入庫

この機能により、特定の倉庫でのアイテムの受領、もしくは複数の倉庫に振り分けた受領のいずれかを実行できます。購買発注とリンクさせ、実際に受領した数量に照らして、発注した数量の変更を行うことができます。

購買請求書

購買請求書は、支払の要求とともに損益計算書の費用も記録されます。 複数の購買発注および購買入庫から登録することができますが、総勘定元帳のエントリが生成される法定の会計伝票であるため変更することができません 購買請求書を受領すると、SAP Business One では会計システムの仕入先の関連勘定に対する転記が発生します。購買請求書の受領前に購買発注に対する納入が行われていない場合、および倉庫で管理されているアイテムを購入する場合、請求書が転記されると在庫も増加します。 SAP Business One では、ゼロ金額の購買請求書を登録することができます。たとえば、販売促進対象のアイテムや、サービス契約に含まれるアイテムなどの場合です。

購買返品

返品伝票を使用して、仕入先への修理用返品や非掛売品の返品の処理を行うことができます。