その他

その他

販売案件モジュール

販売案件モジュールでは、ミーティング、交渉および販売パイプライン内のその他の販売活動に関する進捗状況を基準にして未決の案件の追跡と分析を行います。 販売案件が成約している場合は、見込み収益予測の基準となる合計売上額だけでなく各販売ステージの進捗割合を入力することも可能となります。SAP Business Oneの予測システムで使用される包括的な方法は、見込み収益の予測や営業活動の優先順位付けに利用できます。さらには販売案件ウィンドウのステージタブには、さまざまな伝票をリンクすることも可能となります。 従業員マスタで販売案件のオーナーを指定し、情報の表示や処理を許可する従業員を設定することもできます。オーナーの定義は、販売案件のステージごとに異なるオーナーに選択することができます。 さまざまなレポートをテーブル形式およびグラフィック形式で生成して、複数の形式をステージ別、ユーザ別で分析することができます。また、統計レポートに表示される上位レベルの概要として実行することもできます。これらのレポートは、取引先、営業担当、期間など、さまざまなパラメータを基準にしたフィルタで絞り込むことができます。

販売案件管理

販売案件の管理では、案件が成約または失注に分類されるか、または削除するまで、プロセスの各ステージのさまざまな活動に関連するデータを更新する必要があります。 SAP Business Oneの販売案件管理機能を使用して、以下を実行することができます。

  • 見込み販売金額に関する情報の監視
  • 交渉の進捗状況の更新
  • 販売プロセスの各ステージの分析
  • レポートの生成
  • ファイルの完了または削除
  • 完了した販売案件の再開

生産モジュール

部品構成表の設定

部品構成表定義機能を使用して、多段階部品構成表を一度に1レベルずつ登録することが可能です。 部品構成表には、構成品目が階層状に配置されるため、最終製品の組立および生産に必要なすべての下位アイテムおよび原材料、またそれらの使用すべき数量や倉庫に関する正確な仕様を定める必要があります。を入力してください。

製造指図

この機能により、既存の部品構成表により作成する標準指図、ゼロからの作成や修理に使用する特殊指図、完成品を解体し各部品を倉庫に戻す分解指図の3種類の製造指図を出すことが可能です。生産計画対象で製造後出荷用フロアに配置すべき対象アイテムの製造指図が作成可能です。生産に使用される部品は、マニュアルもしくは バックフラッシュで出庫します。別の部品との代替や、部品追加も可能です。この機能は仕掛品についてもサポートし、作業指図に関する柔軟性および管理能力 を提供します。計画値と実績値を比較し、完成期日について監視することができます。得意先からの注文情報を製造指図上で参照することができ、構成品目の在 庫状況をチェックすることができます。

MRPモジュール

SAP Business Oneは、シンプルかつパワフルな資材所要量計画(MRP)を提供し、受注、製造指図、需要予測などに従って、製造アイテムや購入アイテムについてスケジュール化し管理することを支援します。

予測定義

単に受注に基づくのではなく将来の予測に基づく需要予測を行うことができます。将来予測機能により、製品の将来的需要を予測し、しかるべく資材計画を調整することが可能となります。この需要予測機能は、レポート上での追加要件として使用することも可能です。

MRPウィザード

MRPウィザードは、5つの容易なステップでの計画シナリオ作成を通して、アイテムあるいはアイテムグループについて実行されます。実行の際には、現在の在庫レベル、未処理の購買発注、販売受注、最小在庫レベルの場合の品揃え、事前設定された販売予測など、シナリオ上でふさわしいものを選択します。またシナリオを作成の上でも、日次、過次単位で閲覧できる計画期間の設定や製造および購買予定日から非業番目を除外することができます。SAP Business Oneは、シナリオが一度実行されると推奨レポートが製造すべきか購買すべきかについての提案を行います。数多くのドリルダウン式の選択肢が利用可能なため、計画担当者は、正味の要求演算について閲覧や全要件を満たす実際の伝票を閲覧することができます。例外警告および視覚的なキューも利用可能です。この機能により、迅速に処理すべき指示を認識することが可能となります。計画シナリオは模擬的なものとして保存することも可能で、推奨レポートに影響を与えず一連の仮説シナリオを処理することができます。

オーダー推奨レポート

オーダー推奨レポートから計画担当者は自動的に推奨される製造指図、購買発注のタイプを選択し、自動作成することができます。アイテムが外注化される必要がある場合には、計画担当者は製造指図を購買発注へと容易に変更することが可能です。同じ仕入先への発注については、状況に応じて、 1つの発注に統合し購買プロセスを合理化することができます。

サービスモジュール

サービスモジュールによって、サービス員と得意先とのインタラクションを管理します。このモジュールでは、サービス契約、アイテムとS/N、得意先クレームと問合せに関する情報を入力して管理したり、各種の関連機能を実行したりすることができます。 サービスモジュールは、サービス業務、サービス契約管理、サービス計画、得意先対応活動の追跡、得意先サポートおよび販売案件の管理へのサポートを提供し、販売部門およびサービス部門の能力を最大限に引き出します。

サービス契約

得意先へ販売したアイテム、サービスに関する定期サポート契約や保証契約を作成することができます。この契約管理機能は、開始日、終了日、その契約特有の契約条件(例:対応時間帯、解決時間保証)を管理します。サービスコールの履歴は、どの契約についても閲覧可能です。当サービス契約機能では、契約内容に関連したすべての事項を表示します。

サービスコール

この機能を使って、得意先からの問い合わせやアイテムに関する問題を管理、追跡、解決することができます。また特定の事項について関連した会話履歴を管理し、閲覧することができます。サービスコールのさまざまな進捗状況について監視することが可能で、それぞれの会話を担当する個々のオペレータに指定し、チームのキューの中で管理することができます。

得意先登録商品カード

この機能は、サービスオペレータに得意先へ販売したアイテムについての製造シリアル番号、取替品のシリアル番号、会話履歴などの詳細情報を提供します。また、アイテムに割り当てたサービス契約書も記載します。

人事管理モジュール

人事管理モジュールでは、会社の従業員に関する情報の入力および更新と、以下の関連作業を実行することができます。

  • 年齢、婚姻状況、パスポート番号や ID 番号、電話番号、自宅住所、勤務地住所など、一般的かつ個人的な従業員情報の入力および更新
  • 従業員の教育、職歴レコード、専門家による考査の結果、および休務に関する情報の管理
  • 従業員コストおよび給与の分析
  • 業務を効率化するための各種レポートおよび従業員リストの登録

従業員マスタ

このウィンドウでは、従業員の住所、組織内のロール、個人情報や財務情報の詳細などの従業員情報を指定することができます。 また、従業員の採用ステータス、休務情報、前職歴や学歴を管理することができます。